紅参|どこまでも品質・成分を追求した本家韓国産紅参 紅参|どこまでも品質・成分を追求した本家韓国産紅参

老化に高麗人蔘のサプリをお求めなら|紅参

普通のニンジンと違う?高麗人参の魅力について

高麗人蔘は、漢方の材料としても利用されており、美容・健康に関心の高い方から注目されていますが、皆様は高麗人蔘と普通のニンジンの違いについて知っていますか?

韓国産の高麗人蔘は、日本産・中国産の高麗人蔘と含有している成分が大きく違い、価格や人気、用途も大きく異なっています。
こちらでは、高麗人蔘と普通のニンジンの違いについてより詳しくご紹介致します。参考にして頂ければ幸いです。

普通のニンジンとの違い

普通のニンジンとの違い

普通のニンジンと高麗人蔘、言葉だけを聞くと似ているものだと思われがちですが、実は全く違うものです。高麗人蔘はウコギ科の植物ですが、私たちが普段食べているニンジンはセリ科の植物です。

また、高麗人蔘の主な栄養素はサポニンやジンセノサイド、ナイアシン、ミネラル、アルギニンなどですが、ニンジンはビタミンAやカリウム、食物繊維、カロチンなどが主な栄養素となっています。

これだけでも違うものだということが分かりますが、決定的な違いは見た目にあります。
高麗人蔘は根が分かれて育ち、根の形が人に似ているほど価値が上がります。

高麗人蔘の紅参

高麗人蔘の紅参

紅参と呼ばれる加工方法は、いくつか存在する加工方法の中でも最高級と言われています。紅参と呼ばれるためには、高麗人蔘を蒸して乾燥、蒸して乾燥という工程を行い、高麗人蔘が紅い色になるまで繰り返します。

このような加工の中で、含有成分であるサポニンやジンセノサイドの含有量が増え、消化吸収量もその他の高麗人蔘より優れるのです。

本場韓国では、紅参が30もの細かいランクに分けられています。現在、日本産、中国産の紅参として販売されているものは、本場韓国では、紅参とは呼べないものばかりです。

韓国産における紅参、日本産、中国産との違い

韓国産の紅参は世界から、その質の高さが認められています。紅参は産地によって含有成分が大きく異なる特徴があり、アメリカ産人参は14種、中国の田七人参は15種、韓国産紅参には37種のサポニンが含まれておりその中に紅参特有成分が13種類あります。
効能や栄養価が高い紅参をお求めの方は、産地を目安に紅参商品を選ぶことをおすすめします。

食生活の乱れは、披露蓄積や老化を招く原因になってしまうため、サプリメントで補っているという方もいるでしょう。
最近では、通販サイトなどでも健康をサポートしてくれるサプリメントが多く扱われています。是非、ご利用下さい。

当サイトでは、本場・韓国の錦山(クムサン)郡という高麗人蔘の名産地で収穫・加工・製品化された、高品質高麗人蔘を含むサプリメントを取り扱っています。

粉末タイプやエキスタイプなど様々なタイプをご用意しているので、お好みに合わせて購入することが出来ます。
高麗人蔘の健康食品をお探しの方は、是非当サイトをご利用下さい。何か気になる点がある場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

購入ページへ

高麗人蔘のサプリをお探しなら【紅参】概要

名称 紅参
所在地 〒125-0053 東京都葛飾区鎌倉3-39-25
電話番号 03-6873-7345
メール fcle.info@gmail.com
URL http://hon-san.com/
説明 通販で高麗人参(高麗人蔘)のサプリをお届けする【紅参】です。漢方の材料としても利用される高麗人参は、美容や健康に関心の高い方や、老化に気を使っている方などから注目されています。当サイトのサプリは韓国産の最高級6年根紅参を使用しており、粉末タイプ、エキスタイプなど、用途に合わせてお選びいただけます。通販で高麗人参をお求めなら、是非当サイトをご利用ください。
会社名 株式会社FCLE
日本
都道府県 東京都
市区町村 葛飾区